« 送別会 | トップページ | RISING SUN ROCK FESTIVAL! »

2007.08.11

高壁、低くなる。

小児リハビリ施設での5日間の研修が終わりました。

感想は、、、本当に勉強になった。理学療法はやっぱりおもしろいと思った。子どもはかわいい。と、簡単にいえばこれに尽きます。^^

私は、学生時代の実習でも小児リハは経験したことがなく、社会人になってからずっと高齢者中心の病院で過ごしてきました。

そのためか、小児リハに高~い壁を感じていました。

 

学校で買ったぶ厚い教科書も、ただぺらぺらとめくると本当に読みづらい!

「出発までに、もっと読みやすい教科書を買いたい。」と、思っていましたが、実際に見学して病態を目で見て、あらためて教科書を開くと…

わかる!なるほど~!と。

あんなに文字ばっかりで読みたくもないと思っていた教科書でしたが、ちゃんとちゃんと書いてあったのです。

いま読み返すと、大事なところには蛍光ペンも引いてあるし、授業中に書き足したメモもあるし。

学生時代にはほとんど頭に入っていなかったことが、今ならスーッと入ってきました。

百聞は一見に如かず!

 

発達についてもまったくわかっていないと思い、先生に質問。

話を進めていくと、成人 or 小児にかかわらず基本的な動作についての私の理解が不十分であることに気付きました。

まったく恥ずかしいです。。。

発達は子どもだけのものではなく、成人も通ってきた道で、障害によって出来なくなることがある。

何ができれば次の動作につながるのかを理解することでやっと、障害像を理解できる…。

小児どうこうではないですね。

反省です。

 

まだまだ未熟だけれど、理学療法って、考えることってとてもおもしろいと思いました。

勉強しないとなー。

ただただ毎日を平たんに過ごしてきた自分なので、ここで一度振り返って、気持ち新たに行きたいと思いました。

 

小児リハの高い壁が、だいぶ低くなりました。(^o^)丿

 

研修先の先生方は、皆さん良い方たちで、時間を割いてご指導くださいました。

「電話一本でまたいつでも来てください。」と言ってくださいました。

それから、廃棄処分する装具も分けてくださるとのことで。(^-^)

参考までに自分が持っていける範囲の装具を今度、いただいてこようと思っています。

 

さて、次はどうしようか。

只今考え中です。

家の片付けもしていかないと、この物の多さ…((+_+))

一番心配なことかもしれません。

|

« 送別会 | トップページ | RISING SUN ROCK FESTIVAL! »

JOCV・JICA」カテゴリの記事

THINK」カテゴリの記事

コメント

いい経験してきたみたいで。少し、自信につながったのかな?

成人と小児では、再学習・再教育と初めて学ぶ・覚えるといった大きな違いがあると思います。
自分じゃ、体験したことのないことを習得していかなければならないんだから。
どの程度の(レベルの)小児施設なのかは分かりませんが子をもつ親としては、その愛情はかなりなものです。障害をもった子に対しては特に。
お母さんと同じように、愛情を持って接してあげてくださいね。(深入りするってことじゃなくって・・・)
世界がどんどん広がっていってるようで、ほんとにうらやましいです。

投稿: hana | 2007.08.11 17:50

hanaさん、ありがとうございます。
本当にその通りで、今まで経験のないことを習得していかなければならないし、体で覚えていないことを練習していかなければならなく、違うと思いました。
成長過程の中で障害を受けた子(中途障害って初めて聞きました 笑)と生まれながらに障害を持つ子ではそういう点で違いがあるとも話されていました。
お母さんの愛情も半端じゃなかったです。
一人の人として全体像を把握することの大切さ、接することの大切さもあらためて感じました。

投稿: YURI | 2007.08.12 12:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/406775/7494739

この記事へのトラックバック一覧です: 高壁、低くなる。:

« 送別会 | トップページ | RISING SUN ROCK FESTIVAL! »