« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008.03.27

北朝鮮

日本人なら誰でも興味のある、北朝鮮。・・・?

ドミトリーの近くに北朝鮮大使館があります。

とーってもゴージャスで、異様な感じ。。。

 

そして、このネパールに、

北朝鮮料理なるお店があるそうで^^

 

噂には聞いていたけど、つい昨日、お食事会に誘われて行ってきました!!

 

興味津々。。。

 

料理は韓国料理と違いは良く分からず、同じ感じで、

とても美味しかった。

チヂミとか焼肉、おなじみの韓国料理でした。

 

スタッフは全員若い女の子で、歳を聞いた子は20歳。

ネパールに慣れていた私たちは行き届いたサービスにちょっと驚き、

違和感も感じました。

 

それより何より、

1日2回、ショータイムがあるというではありませんか!!!^^

 

喜び組☆

 

「みた~い♪」

 

食事をすすめて1時間。

ショータイムの時間です!

 

おなじみの?想像できるような音楽が始まり、

2人組の女性が踊り始めました。

Img_3054_4

きたー!

だいぶ訓練された感。

日本人がきているからと言って、日本の歌も歌ってくれる。

しかも、完全暗記で。

「さすがー。」って思いましたね。

 

日本ではまずこんなお店知らないから、完全に興味津々。

「あそこにある絵は、将軍様かなあ?」とか。

未知の領域に踏み込んだ感じ。

ぜひぜひ、こちらにこられた方は、案内しますよー(笑)

 

ちなみに。。。

お店に行く前にネパール人の病院スタッフに「北朝鮮料理屋さんに行くんだ。楽しみー。興味あるでしょ?」って聞いたら、「・・・? 私あんまり知らないんだー。」って。

。。。ちーん。

そんなもんなんだ、そんなもんなんだ。

その反応に、国の違いも感じました。

また、びっくり。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.03.24

2ヶ月。。。②

この間は中途半端で・・・

停電になってしまって、写真をアップできなくなっちゃった・・・。

ネパールならではとおもいました。

 

今は毎日合計8時間位の停電時間があります。

4時間を一日2回。

それに合わせて朝食や夕食の調理方法を考えたり、

帰る時間を考えたり。

 

夕方から20時、21時まで停電の日は部屋も真っ暗で。

はじめは慣れなかったけれど、最近ではキャンドルもいいなと思います。^^

 

この間アップできなかった続きを・・・

072_2 赴任してすぐ語学研修中に生活したドミトリー。

大きな一戸建てです^^

リビング、キッチン、バスルームが4つ。それに代々隊員が置いて行った本の図書室や、共同のPCルームがあります。

寝室は5部屋。

私が寝泊まりした7人部屋や2段ベットのある部屋など、大きな部屋です。

ここは新規で来たばかりの隊員のほか、帰国前の隊員や病気(入院しない程度)で看病のいる隊員が生活したり、派遣中の隊員みんなが使用できるスペースです。

073 初日、JICA Nepal Officeから見えたヒマール。

前の屋根が邪魔してるけど。。。

夕日も当たって奇麗でした。

始めてみたから本当に感動もの。

写真上手じゃなくってごめんなさい。

 

 

077 近所の大通り。

いつもここらへんを通って、Officeに行ったり、スーパーに行ったり。

 

 

 

 

 

324

140156

 街で出会った人々。

ネパールの人たちは本当にやさしい人が多くって、とても楽しいです。

今回はこの辺で。

また、いろいろとみたものもアップしていきます^^

病院での活動が始まって一か月。。。

やっと慣れてきた感じで。

ネパール語がままならなくって、実習生が通訳もしてくれてます(笑)

がんばらないと!!

| | コメント (3)

2008.03.22

2か月

やっとのことで、家でネットができる環境が整いました^^

ダイヤルアップではなくて、ケーブルをひいてもらったのですが、近くの電柱から勝手につないで家の壁にひっかけて、窓の隙間から部屋に入れるだけ。。。

ラインの処理とか適当で、日本では考えられません(笑)

 

気づけばネパールに来てから2か月。

病院での活動が始まって1か月。

 

早いものです。

 

言葉の壁とか、文化の壁とか、意識の壁?とか。。。

沢山あって、困りもするけど、とりあえず、

「ゆっくり、ゆっくり。」

って思って過ごすようにしています。

 

これまでに見たものを少し。。。

 

040_2 到着した時の「カトマンズ トリブヴァン 国際空港」

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »