« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008.05.23

ドゥッカ→その後。

コメント、ありがとうございます^^

一緒に考えてもらえることが、とっても嬉しいです。

 

こないだの続きのご報告。

 

あの翌日にまた男の子がお母さんと一緒にリハ室にやってきました。

私は、「今日も昨日みたいになっちゃうかな。」と思った。

でも、「それじゃいけない」とどうにか担当セラピストを呼び止めて、

「あの男の子のことなんだけど・・・。」と。

セラピストの男の子は、ちゃんと「いいよ。言って。」って聞く体制ばっちり取ってくれた。

 

子どもにあまり無理にROMex.をすることへのリスクと、

リハで痛みを加えてex.することへの悪影響とか、

言葉足らずだけど、どうにか話したら、

うんうん、そうだよねって感じで聞いてくれて、

「今日はactiveでやろうと思って。」って。

 

今後、同じようなケースにも応用して考えてくれるかは不明な回答だけど、

どうにか意思は伝わったかなと。

 

その日は、痛そうにはしていたけど、子どもがぐずっているような程度だったし、

その後、別の日にもあの日のようなことはなくなった。

 

私が話したリスクについては現地のセラピストもちゃんと知識があって。

でも、机上の知識と実際とが結びついていない印象。。。

勉強はしっかりしているような感じだけど、実際に臨床での指導者がいないことで程度が分からないのかなー。

まだ、不確定だけど。

 

それにしても、人があんなに痛がっていることを、平気で出来るのが私には驚きの一つ。

人のことを考えると、なかなか出来ないものです。

ここで活動してみて、指導者不足とかそんなことよりも、人に対する考え方も大きく違うのかなと感じています。

 

もともとはカースト制度の影響が大きいのかも。

 

*下のカーストの人は上のカーストの人に話してはいけない。

*結婚は同じカースト内で。(だから、顔を見ればカーストがわかる。名前を聞けばカーストがわかる。)

*“患者カースト”(ビラミーカースト)というものが存在して、下のカーストとして扱われる。医療者は患者よりも上。

 

というようなことがあります。

だから、看護師は投薬や本当に医療的な行為だけを行って、ほかのケアの部分は患者家族がやったり、もっと下の職?(カースト?)の人がしています。

医療者はみんな、偉そうです。。。

 

最近では、恋愛結婚する人も増えつつあり、別のカースト同士の男女が結婚することも出てきているようですが、それをよく思わない親戚もいるようで。

カースト制度は法律上では廃止されてはいるものの、

実際はまだまだ、国民の中では根強く残っています。

最後のビラミーカーストは本当に驚きです。

 

患者さんは心も弱くなっていることが多いし、医療者によってまずは心の心配を除いてあげることが、とっても大切だと思うのですが・・・。

おまけ;

いつも食べている、病院の食堂のChicken Fried Rice Img_3581

  

 

 

 

 

 

 

 

持ってきてもらって、超超超感動!!!の納豆パスタ。

Img_3589  

| | コメント (2)

2008.05.16

ドゥッカ

今日、とても胸が痛みました。

“ドゥッカ”というのはネパール語で“苦しみ”とか“辛さ”を表現することば。

 

7歳の男の子が上腕骨骨折後、日本よりも長めのギプス固定期間を経て、理学療法士のROMex.を受けていました。

屈曲・伸展ともに拘縮のある子です。

 

そこに、

聴いたことのないほどの喚き声。。。

 

ここではたまにあるのです。

こういうこと。

 

小さなこのROMex.で

大きな泣き声。

 

大人のROMex.で

息を止めて踏ん張っている奥から出てくる、耐えている声。

 

今日はまた、本当にひどくって、聞くに堪えなかった。

 

ただ、ex.をしているセラピストは悪気があるわけじゃないのはわかっているだけに、

どう伝えたらいいのか。

リスクとか、意味とか、必要性とか。

 

やっぱり、その場で「ちょっと待って!」って言うことはさすがにできず、

どう伝えようかばかり考えた。

 

ゆっくり考えて、理解してもらえるように伝えようって。

 

そしたら次になんだか泣けてきました。

 

今、辛いのは受けている子で。

リスクを負っているのもこの子で。

 

いま、何もしてあげれない自分がもどかしかった。

| | コメント (4)

2008.05.12

29

にく。

そうです、ついにこのネパールで初の誕生日が来ました。

メールをくれた人、ありがとーう♫

うれしかった~^^

 

こないだもネパールでもらった“ネパールセット”の紹介をしたけれど、また、プレゼントをもらっちゃいました^^

わ~い^^

Img_3612

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バラの花束と

キャミソールにハンカチ。

 

バラの花束は同い年の友達がくれたもの。

仕事帰りに家まで持ってきてくれて、うちの大家さんの息子と一緒にドアの前にセッティングしてくれていた。

Img_3610 

花束は

ピンク 2本。

赤   9本。

 

29歳になっているんだって。

素敵。

 

キャミソールとハンカチはお店をやっている大家さんからのもの。

どうやら、私の誕生日は忘れていたけれど、友達と花のセッティングをした息子がお店にいたお母さんに連絡して、

『今日はディディ(お姉ちゃん)の誕生日らしいよ!』って言ってくれたらしくって、

急いで準備してくれたもの。

うれしかった~^^

 

ピンクのリボン付きのキャミはちょっと私にはかわいいかな?と思うけど、ちょうど白いキャミがクルタ(民族衣装)の色落ち攻撃に遭って汚くなってしまったところだったから、ほんとにグッドタイミング!

 

そして、当日は友達と夜、タメルっていう観光客が集う繁華街にて“ファイヤー&アイス”というイタリアンのお店でお食事。

イタリア人女性が経営しているレストランのようで、入るとそこはもう、ネパールじゃない香りが。。。(笑)

ほっとする^^

 

Img_3602

カルボナーラ。

 

 

 

 

 

 

Img_3604_2 ピザ。

ほかにもラザニアとかもあって、全部おいしかった♫

またこようっと。

 

 

 

こちらでもみんなに祝ってもらって、美味しいごはんも食べて、うれしい誕生日でした^^

今年も、自分らしくをモットーに安全第一で過ごします^^(みんなに言ってる。。。)

ありがとうございましたー^^

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.05.11

お祝い

今日は週末。

ネパールでは土曜日が日本でいう日曜日。

だから、日曜日は月曜日で、普通に仕事ですbearing

ということで、てくてく歩いて隊員の友達の家に遊びに。

Img_3570 うちのまわりは大きな道に出るまで未舗装。

Img_3569_2

道端にはいぬや、

 

 

Img_3568

にわとりが。。。

 

 

 

犬はたいてい昼間は寝ていて夜に行動開始。超活発になるから、要注意。

にわとりはちゃんと持ち主がいて、誰も盗んだりしないんだって。

自由ね~yacht

 

途中テンプーに乗って友達の家へ。

Img_3571見晴らしのいい坂道を通った。

遠くの山がきれいclover

こういう景色が落ち着きます。

 

お昼ごはんをご馳走になって、いっぱいしゃべって、またほかの友達の家へ二人で移動。

ケーキbirthdayを買ったからってlovely

パタンのカフェに安くておいしそうなケーキを前に見ていて、そこのを買ってきてくれたのです。

そうそう、私の誕生日が近いからribbon

ケーキをお皿に盛り合わせて、さて食べようとしたところ!

二人からだよsmileってネパールの和紙に包まれたプレゼントをくれました。

 

「なんだろう、なんだろう。」

 

中に入っていたのは・・・present

Img_3580 “ブッダの目”の和紙に包まれていたのは、友達曰く

“ネパールセット”(笑)でした~。

 

ネパールの国旗に

ガネッシュ(商売の神様)とGood Luckの意味のネパール文字のスタンプ、

お寺や家にも飾ってあるネパールの旗。

 

 

友達に言わせると、ネパールにいるからにはこれは必要でしょって(笑)

 

ありがとうconfidentImg_3575

いやいや私も、ここネパールで年を重ねることとなりました。

 

私の新年度も、明るく自分らしくをモットーに

かつ、安全健康面に注意することをつけたして、楽しく過ごしますshine

 

 

光がキレイだった、今日の夕方のそら。        

Img_3574

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.05.10

POKHARA part3

  《5月2日》

ヒマラヤ見るのに再挑戦の日。

今日は、昨日のチベット料理屋さんのダイ(おにいさん)が、

「今日雨降ったから、見えるんじゃないかなあ?」

「ちょっと早く行かないとだめだよ。」

ってアドバイスを・・・

・・・ということで、今日は昨日より30分早く、朝の4時半に車をチャーター。

さすがに②連続の早起きと、旅の疲れでみんなLOWテンション気味。

でも、今日こそは今日こそはと期待してまた、サランコットへ。

 

着くとそこにはまだ観光客の姿はなく、早くからお店の準備をする地元の人しかいない。

お土産屋さんにも聞いてみると、

「今日は見えるよ^^」って。

 

待つこと15分くらいかな。

うすぐら~くて、まだあたりもよく見えないころ、

なんと!!

 

遠くに、う~っすらと、ぼや~っと。

マチャプチュレの影が!!!

Cimg0582  

 

 

 

 

 

 

 

 

このときまだ、誰も来ていなくって私たちだけ!!

独占状態でした^^

 

だんだんと明るくなってきて。。。

P5020314 

  

  

  

  

  

  

  

  

少しもやがかっているけど、右にとがって見えるのが“マチャプチャレ”と言って、ネパール語で“魚のしっぽ”という名前が付いている象徴的な山です。

その左に見えるのが“アンナプルナ”。

8000m級の山です。

 

Cimg0566  

ひたすら山を見て、太陽を見て。

写真撮りまくりの私たち。

 

 

 

 

 

日本にいてもたいして日の出を見たことがなかったけれど、山から出てきたときの影や 

P5020308

 

 

 

 

 

太陽と山でできた何重ものグラデーション

P5020313 

 

 

 

 

 

 

 

 

さいっこうにきれいで。

眠くってちょっとダラダラだった私たちも、テンションあがって、

ヒマラヤが見れて、本当に良かった。

 

今は山を見るいい時期ではなくって、見えづらい時期のようだけれど、

そんななかはるばる遠くから来てくれた人に見てもらえて、

本当に良かったーsun

 

P5020342

その後はホテルに戻ってからチェックアウトまでまだ時間があったから、フェワ湖でみんなでボートに乗って。

湖の中の島にあるヒンドゥーのお寺に行った。

 

 

 

ここではヒンドゥー教徒たちが巡礼に来ていて、お参りし終わったおばさんに「私たちもお参りしてもいいんでしょうか?」って尋ねたら、大丈夫だとのことだったので、お参りの仕方を聞いて、私たちもお参りさせてもらいました。

 P5020345 P5020352_2

P5020353 

  

   

  

 まずは靴やベルト、帽子、かばんをすべて脱いで、

まずはお香を焚き、お寺の周りにある鐘を時計回りに回りながら鳴らしていきます。

最後にお寺の中に入りお参り。

お参りし終わると中にいるお坊さんらしき人がお経を唱えながらおでこに赤いティカというものをつけてくれます。

P5020355

Thikha これがプジャ(お参り)をした印です。 

 

 

 

 

 

 

お寺の中に入れてもらって、これまた良い経験をさせてもらいました。

 

そしてこの日、4時のYetiairplaneでカトマンズまで戻る予定だったのですが、

ちょうどこの時間に来た暴風雨で、カトマンズからのフライトがポカラに来ず。。。

昨日はこの雨のおかげでヒマールが見れたけど、、、

今日はフライトがキャンセルとなって一晩の足止めを食らっちゃいました。rain

 

そこで一晩お世話になったのが“マムズ・ガーデンリゾート”

日本人の奥さんとネパール人の旦那さんが経営しているホテルで、

隅々まで気配りが行き届いていて、周りにもきれいな庭があるし、

とーってもやすらげるホテルでした。hotel

ここはリゾートって感じlovely

Cimg0641 

部屋もとてもきれい。

 

 

 

 

 

ここのレストランでは日本食も結構用意されていて、少し胃のつかれた友達は、

「禁断の日本食。。。」

と言いながら、おにぎりを食べていました(笑)

私たちにとってほんとにゆっくりとした時間だったな~。riceball

 

翌朝、無事に朝一のフライトでカトマンズに帰れることができました。

 

最後に予定が狂ったけれど、

短い期間でヒマールが見れて、ほんとによかった~fuji

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.05.09

POKHARA part2

《5月1日》

今日は4時に起きて、サランコットの丘へ。

ポカラでの一番の目的、ヒマラヤを見るため。

カトマンズでも見ることはできるが、なんせ、ヒマラヤは長~く続く山脈。

カトマンズから見えるのは“ランタン山群”。

もう少し東へ行くと“サガル・マータ(エベレスト)”。

そして、ポカラでは“アンナプルナ山群”が見える。

少しづつ見えるところが違うんだって。

この日はホテルに頼んで、車をチャーター。

まだ薄暗い中、ぐるぐる山道を登ってサランコットへ。

こんな早い時間から、ネパール人は活動している人が多くって、散歩やランニングをしている人、仕事に行く人など、いっぱい歩いていた。

レイクサイドのホテルから約20分。

到着して、ドキドキしてビューポイントへ。

観光客が50人くらいかな~?もうすでに集まって、日の出を待っている。

日の出の時間が来て、一度歓声は上がるものの、アンナプルナやマチャプチャレは見えなかった。。。

P5010215  

地元のガイドの若いお兄さんが「今日は見えないよ。」って。

「今日は2回の日の出がもう終ったから、見えないよ。」って。

太陽は一度顔を出して、少し隠れ、また出てくるようで、2回の日出って言っていた。

ざんね~ん。

 

P5010211  

 

 

 

 

 

 

 

 

諦めて、ホテルに戻りました。それでもまだ7時半。ご飯食べて、の~んびりして。

部屋で少し寝て、今日は一日チャリレンタルをして市内観光へ行くことに。

チャリは一日かりて100ルピー。200円くらいです。

まずはポカラの市街地へ。

ナヤ(new)バザールを回って、プラノ(old)バザールへ。

 Cimg0572

外人(私たち)がチャリでぐるぐるしていたら、地元の子供たちが

「ナマステー!」

「ハロー!」

って。

すんごいかわいい。

Cimg0571_2 途中で道を教えてもらったり。

 

 

 

 

 

 

P5010221 チャリの自慢をしあったり?(笑)

 

 

 

 

 

 

楽しい触れ合いだった。

 

そして、この夕方。

 

スコールのように土砂降りの雨と雷。

待ちに待っていた雨と風。

 

なぜなら、地元の人がみんな、「雨が降って、風が吹いたら、ヒマールが見えると思うよ。」って。

それを期待させるように、雨上がり、ホテルの窓からちょっとだけ、ヒマールが顔を出したのです。

Cimg0580  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・あした見えるかな~って期待とともに、

今日もみんなでBEERを飲んで、チベット料理のギャコックっという鍋を食べ、

就寝しました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

POKHARA

4月30日から2泊の予定で、初のネパール国内旅行をしてきた。

そこはネパールでは2番目に大きな都市、POKHARA(ポカラ)。

ネパールの人口が集中しているここ、カトマンズとは違って、ネパールのリゾートと呼ばれているところ。

観光の中心には、フェワ湖という湖があって、海のないネパールでも水と戯れることができる^^

《4月30日》

13:00頃、タイからの国際線でついたばかりの日本からの友達とともに国内線へ乗り継ぎ。

Yeti Airlinesに乗る。Yeti(イエティ)って知ってます?ネパールにいるってされてる雪男のこと。(笑)

P4300179 これがDomesticの入り口。

すっからか~んとしていて、何もない。

 

 

 

 

 Cimg0532  

これがDomesticの中のチェックインカウンター。

ほんとにカウンターがドンドンドンって置いてあるだけ。

預ける荷物も重量チェックした後カウンターのすぐ後ろに置いておくだけなので、本当に自分と一緒に飛行機に乗るのか心配。。。

でも、ちゃんと乗ってきた^^

P4300184 そして、いよいよ乗り込むのは5分前位。

いつ呼ばれるかと待っていたけど、出発5分前に呼ばれた!結構ぎりぎり。

でも、乗ったらすぐに滑走路に移動して飛ぶので、逆に待ち時間がなくっていいかも^^

この機体は二人掛けと一人掛けの列しかなくって、4~50人くらい乗れる大きさでしょうか。

 

これに乗って約30分。

あっという間にポカラです。

P4300195 この日に宿泊したのは、“TREK-O-TEL”というホテル。

奇麗なホテルでした。

でも、「ヒマラヤが見える部屋だよ~」と言われて入った部屋は天気が良くっても木や家などが邪魔して、決して南国のリゾートでいう“オーシャンビュー”とは違う感じ(笑)

さすがネパール。

 

 

 

 

 

 

ちょっと体を休めた後、みんなで近場散歩へ。

ホテルから出たらすぐにフェワ湖が広がっていて、カトマンズよりもっともっとゆったりと時間が流れている感じ。

まずは南方向へ、レイクサイドからダムサイドの方へぶらぶら。

そこでは何やらネパール人が大勢集っていて、ステージがあって踊ったりしている。

そして、その会場にはネパールで初めてみる遊園地が!!

P4300198 観覧車とか、バイキングとか。

速度が速い!

テレビでタイの遊園地を見たことあるけどそんな感じ。

乗りたいような、、、

乗りたくないような、、、

怖いので近づかないでおいた(笑)

 

この日はホテル近くのレストランでカレーやモモを食べ、冷たいBEERを飲んで、明日の4時起きに備えて、ぐーっすりと寝ましたzzz

ちなみにネパール産のBEERは、

*エベレスト

*ツボーグ

*サン・ミゲル

*ネパール・アイス

の4つ。

私のお勧めは、“エベレスト”!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »