« ぐ~んとアップ | トップページ | Dolakha(ドラカ) »

2008.08.08

遠くの日本人より近くのネパール人

先日DOLAKHA(ドラカ)という村へ行ってきた様子も書きたいのは山々なのですが。。。

今日は心配になること、そして、ホッとできることがあったのでそっちを先に書くことにします。

 

日本から学生さんやらお仕事されている人やらの団体が病院見学を中心にネパール見学にいらしていたので、昨日、協力隊員と交流会みたいな形でお食事会がありました。

そして今日も私の配属先のオフィスのネパールの方と、そのツアーの人で一緒にお食事会でした。

今日は配属先との関係だったので、隊員は私だけ。。。

 

話をしているうちにツアーに来ていた参加者からJ●CAからの説明が良くなかったとか、他の隊員から聞いた話が良くなくて、『隊員ってもっと夢と希望に充ち溢れているものと思っていた。』という声も。

 

なんか、それをそんなに直にボランティアの立場で来て活動している私に言ってどうなるのか??とかも思いながら、でも、ほかの隊員も何もしてないわけじゃなくって、「自分はこれをして人のためになってる!」なんて活動途中に言えるものではないし、ただ、表現を間違えただけだろうと説明。確かに口では言わないけど、隊員たちはできる活動を自分なりにやっている人たちなのです。配属先で勉強会もネパール語で開いて、理解を得ています。

そんな風に隊員がしている活動を私なりに伝えた。

何とか分かってくれたようで、「良かったー」と思ったけど、ツアーの一人がそれを私の活動先の病院スタッフの医師に説明しました。

 

「他の隊員に会って話を聞いたけど、良くなかったと思った。」

「J●CAの説明も良くなかったと思った。」

 

これをネパールの、しかも私の配属先の人に話した時は、「ちょっとちょっと!やめてよ!!」って思いました。

だってひどくないですか??

たった、一日二日、隊員やJ●CAスタッフから話を聞いただけで何が分かるというの?

そんな話を聞いた病院スタッフは自分たちのところに来ているボランティアってそんなものなんだって、レッテルをはっちゃったら、私の活動はどうなるの?

自分たちは日本に帰ってしまえばいいけど、せっかく、病院に一人入ってこれからって時に。。。

そんなものなんだときっと思われた!!って思ってしまいました。。。 

 

帰りがけに、ツアーの引率者に困るから考えてほしいと伝えようとも思いましたが、参加者も近くにいたので控えました。

私はネパールのスタッフの車で家まで送ってもらいましたが、自分の行動で現地の人には理解してもらえばいいと思いながらも、その途中もそのことで頭がいっぱい。

 

結局、ツアーの一人から直接話を聞いた医師に話をしてみました。

 

「さっき一人がJ●CAは良くない、協力隊は良くないって言っていたけど、どう思いましたか?私は私が活動している先の人にそんなこと言うなんて、と思いました。」と。

そしたら、医師は

「そうだよ。活動している君がいるのに、何でそんなこと言うんだ?良くなかったら、何でネパールにこんなにたくさん協力隊が来てくれているんだ?」

 

うるんでしまいました。

 

先生はわかってくれていました。

私のことをただの隊員としか考えず、周りに好きなことを言って行った日本人よりもはるかに人間として考えてくれていたことに、とても安心して、心からほっとしました。

 

遠くの日本人より、近くのネパール人。

 

同僚として接して、考えてくれるスタッフに感謝です。

 

|

« ぐ~んとアップ | トップページ | Dolakha(ドラカ) »

THINK」カテゴリの記事

コメント

なんか、気持ちが伝わってきてなけてきますね。
遠い日本とは全く違うところでやってる隊員に対してなんだか、くやしい。
ネパールの人たちが暖かい人たちで本当によかった。

投稿: uda | 2008.08.09 08:20

本当にドキドキしたけど、本当に自分で言って確認して良かったと思うし、ストレスもいっぱいあるけど、この病院で良かったと思いました。
人が暖かくって、本当にネパールいいと思います^^

投稿: YURI | 2008.08.09 21:45

読んでて、同じ日本人として悲しくなるし、恥かしくなりますね…。
目の前に頑張って活動している人がいるのに、わかったふりして場をわきまえない発言…。

でも、周囲には日々の関わりの中で活動を理解してくれる人がいる。その人たちの存在って大きいですよね。ネパールの人々の暖かさが伝わってきます。

こみあげる感情を抑えられず書き込みましたweep

投稿: 39 | 2008.08.10 11:53

おお、強烈だね。
「もどかしさ」がヒシヒシと伝わってきました。
とりあえず、近くにいる人に理解されていることが再認識出来てよかったね。
現地に根付いて活動することの難しさは、なかなか伝わらないのかなー。このブログを読んでいるだけでも十分伝わるけどね。もちろん、ネパールの素晴らしさも^^。なんだか残念だよね。
あと、遠くの日本人にも良い人は沢山いるからね(笑)

投稿: まっかり | 2008.08.11 22:37

それはないよね。違う土俵の人を何も理解せず悪く言うなんて、考えられないよね。協力隊員にもたくさん悩みはあるし、違う国で働くのはどんなに大変か。簡単に一言で言えるわけもないのに。。なんかくやしいね。こんな日本人がいるのは本当悲しい。
でも同僚に理解してもらえててよかった。一緒に活動している仲間を大切にしないとね。。

投稿: JUN | 2008.08.12 22:32

39ちゃん

ネパールは、特に私の住んでいる地域は、排気ガスだらけで、ゴミだらけで、人、車だらけで。なんでこんなところ~~って思うんだけど、やっぱり人がやさしいんだよね。みんなにこやかで。
そこがやっぱりいいと思います。
あとは、この国の自然も満喫しないとね^^

投稿: YURI | 2008.08.14 02:05

まっかりさん

ブログでいろいろと伝わってますかー??よかった^^
ネパールの悪いとこ書き過ぎてるかとも思っていましたが、良さも伝わっています?もっと雄大な自然とか、人とか、きれいな写真で載せたいです。
遠くに住んでる日本人もみんないい人ですよね~(笑)
早くみんなに会いたい!!

投稿: YURI | 2008.08.14 02:07

JUNちゃん

出来ればね~国内の批判は国内で納めてほしいものです。。。
きっと、協力隊はきらきらしてて!って言うイメージが強すぎて、ストレスで落ち込んでいることがあるってことは受け入れられなかったのかもね~。
なんか、ほんと一緒に働く人が私を受け入れてくれてて良かったよ^^

投稿: YURI | 2008.08.14 02:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ぐ~んとアップ | トップページ | Dolakha(ドラカ) »