« 当たり前があたりまえじゃない時。 | トップページ | Relax relax. »

2009.06.25

広●涼子。

1,2週間くらい前のことです。

毎朝、活動先の整形外科の回診に同行しているのですが、

その整形外科のドクターの一人が「日本の映画を見た」と話していました。

 

「その映画の題名は忘れたけど、賞ももらったやつで、

死んだ人を送るやつ。」

 

と。

 

【おくりびと】だなと思いました。おくりびと

 

それで、「どうだった?」と聞いたら、「面白かった。」と。

「主役の人、かっこよかったでしょ?」と聞いたら、

「う~ん、よくわかんないな。」って。

 

それで、

「ヒロイン役(?)の女の子、可愛かったでしょ?」って聞いたら、

「いや~、あなたみたいに見えた。」って。。。

 

ちょっとびっくりした。。。

嬉しいというか、びっくり。

 

そうそう、

こちらの人は日本人、中国人、韓国人の区別をするのが難しい。

 

私たちもインド人とネパール人一緒に見てもあまり接したことのない人には

わからないように。

 

ましてや、パッと見た日本人の顔を区別するのはきっともっと難しいのでしょ。

よく見る俳優じゃないと外国人さんの場合、区別できないこともあるもんね。

 

広●涼子の顔も、私と同じに見えたんですね~きっと。

 

喜んどこう(笑)

 

|

« 当たり前があたりまえじゃない時。 | トップページ | Relax relax. »

VARIOUS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 当たり前があたりまえじゃない時。 | トップページ | Relax relax. »